Philosophy
相互扶助・相互理解 
~ 互いが違いを認め合える社会に ~
Hitsujiiro_philomap-02.png
 
 "私たちひつじいろの役目"
yumekobo_20.jpg
ひつじいろが運営する事業所
就労継続支援B型"ゆめこうぼう"の想い
 互いが違いを認め合える社会に

すべての人にさまざまな特徴があります。その違いが強いか弱いか、少数派か多数派か、その違いはあるとしてもただそれだけのことではないでしょうか。

私たちの社会は多数派である健常者の作ったシステムによって成り立っています。その枠の中で線引きされ、障がいがあるかないかが決まり、少数派はシステムに乗り切れず多くの場面で生きづらさを感じています。しかし、たとえ少数派に属する特徴をもっていたとしても、人としての価値・命の重み・生きていく中で果たす役割・幸せに生きる権利はすべての人に同じようにあるはずです。違いがあるからおもしろい。違いがあるから学びあえる。すべての人がその違いを受け入れ、互いの得手不得手を補い合い助け合い、認め合える社会に。私たちはこれを切に願い、仕事をする場を通じて実現のための第一歩を踏み出します。

yumekoubou_logo1.png
障がいある方が通われる事業所の作業・販売のサポートなどを通じ、障がい者の生活向上を目指します。お仕事を出す企業と、それを請け負う事業所製品を作る事業所と、それを販売する企業さまざまな「わからないこと」をなくし違いを認め合い、助け合える社会を目指します。
maru_blue.png
maru_pink.png
"ゆめこうぼう"の日常
ゆめこうぼうの日常の様子とお知らせを掲載しています
 
“ゆめこうぼう”スタッフ紹介
クリックするとスタッフの紹介記事へ飛びます。
〇〇係
​〇〇さん
〇〇係
​〇〇さん
〇〇係
​〇〇さん
ゆめこうぼう
ある一日のスケジュール
利用者さんのある1日の流れをご紹介
Hitsujiiro_schedule.png
yumekobo_41.jpg
主な作業内容
利用者さんの普段のお仕事をご紹介
​クリックすると仕事内容の詳細記事に飛ばせます。
(現在未設定)
yumekobo_6.jpg
シール貼り
yumekobo_44.jpg
キャップ締め
yumekobo_38.jpg
電線剥がし
yumekobo_1.jpg
yumekobo_24.jpg
yumekobo_13.jpg
お菓子の袋詰め
伝票作成
商品出荷作業
​作業、施設についての概要

■営業時間 8:30 ~ 17:00

■作業時間 9:30 ~ 15:00

■昼食

・各自持参(電子レンジ・お湯はあります。)

・仕出し弁当(410~440円)を注文することもできます。

■工賃

・時給 100円〜250円 / 時 + 出勤手当(出勤すれば出ます。90円 〜 200円 / 日)

■時給

※その月の売り上げによって時給、出勤手当は変わります。
※時給は本人の作業量等によっても変わります。
※各自の出勤手当はその方の出勤日数 / 月 よって変わります。

​■ご家族の方へ

・その方の状況等をお聞きしご相談させていただきながらサポートしていきたいと思っています。

■レクリエーション

・研修見学(年2回)例:プラネタリウム、産業疑似術記念館 等
・お楽しみ会(年2回)例:ボーリング、ビンゴ大会、食事会 等

■車いす対応

・個別でご相談に応じます。

 

■現在受け入れている利用者さん・・

・年齢層:20代~70代まで。

・障がい種別:精神・知的・身体すべての障がいの方がさまざまいらっしゃいます。

■事業所番号 2310101353  / 定員数20名

■代表取締役 松ヶ下徳大

maru_yellow.png
〇〇係
​〇〇さん
〇〇係
​〇〇さん
maru_orange.png
 
見学随時受付中です

 B型事業所ゆめこうぼうは働く喜びを、人と出会う刺激を、事業所でのわくわくを感じていただけるよう、作業だけでなく生活面も含め、その方をトータルでサポートしていきたいと考え、日々取り組んでいます。

 また、ゆめこうぼうには様々な障がいの方がいらっしゃいます。互いにそれぞれの特性を理解しあい、一緒に楽しく心地よく過ごせることを目指しています。

ゆめこうぼうで一緒にお仕事できることを楽しみにお待ちしています。